製作三昧

ビーブッダの店員文六の日記
新作紹介を中心に
明日のちんゆいそだてぐさ に持っていく金魚たち

18日 19日

大和郡山城址で行われる

工芸フェス

ちんゆいそだてぐさに持っていく金魚たちです

 

去年のちんゆいそだてぐさでは

琉金が好評でしたので

しめしめと味をしめて

今年は量産しました

 

 


 

 

バレッタとブローチです

真鍮 銅 

小さいのから大きいのまで

3300〜3900円

 

しかし こんだけ量産しておいて

外したらどうしよう

今年に限って

・・和金のが良かった

と言われないとも限りません

 

時間に余裕があったら

アロワナ とか シーラカンスとか

金魚の町とは縁もゆかりもない魚類どもを

にぎやかしに混ぜたかったのですが

今回はふざける余裕がありませんでした

またの機会にふざけます

 

| かみかざり | 23:00 | - | - |
箸置き45個完成

珍しい団体様からのご注文

ダイエット用 箸置き45個完成しました!!

 

45個 並べると壮観です!

平成の時代に完成させる予定がずれにずれこんで

令和も馴染んで今頃完成です

 

忌々しい10連休や

自分の集中力が途切れるなどがあり

こんなに時間がかかってしまいましたよ

 

いや10連休のせいにしたいのですが

やっぱり主な原因は

自分の集中力の無さです 

あと飽きてきました

 

お客様からのリクエストは

キャラクターに猫がいたらいいな あとは自由

とのことでした

 

しかし 猫は好きですが30個ぐらい作ってくると

もう・・猫はいいや!となってきます

 

そこで別の動物で行こう

何にしようかと考えました

豚・・にすると団体様の中には

洒落の通じない人がいて

私ブタなの!?と本気で傷つくかもしれないし

鹿は奈良だからというのもあり

東京のお客様からしたら なんで鹿?だし

そういうことでパンダにしました

パンダならば 幼少期に噛まれたことがある とか

ハムスターを惨殺された! とか

雨に濡れるとくさいだの 悪い印象を持つ日本人は

いないでしょう

 

もしかしたら 団体様の中に中国人の方が居て

実家の庭を荒らされた! とかもしやあるかもしれないですが

それはまあ 勘弁してください

 

 

 

もう一生分の箸置きを作った感じです

 さてこれから

 

5月18 19日に大和郡山で開催される

ちんゆいそだてぐさ という工芸フェスに出店するための

作品作りに着手しますが

もう十日もない!

えらいこっちゃです

 

 

| - | 09:25 | - | - |
銅鐸職人に敬礼

お客様のご注文がありまして

初挑戦しました

銅鐸ネックレスとイヤリングです

 

なかなか難しかったのですが

どうにか美しく仕上がりました

 

 

 

 

銅鐸ネックレス

¥15000

28g 縦7.4cm

真鍮 螺鈿

シルク紐

 

銅鐸ピアス

¥5000

片側4g 縦3.7cm

 

 

実際に作ったものは

銅鐸のような鋳物ではなく

真鍮板をくり抜いて作った

銅鐸を模したアクセサリーですが

模すだけでもなかなか難儀でした

少しでもラインが甘いと

銅鐸っぽさが無くなります

 

 

銅鐸!

パソコンも分度器も定規も無い時代に

どうやってこのように精緻で計算された造形物を

作ることができたのか

輪郭 文様 どれも計算された上できっちり仕上げられています

水流紋なんかは なんで作ろうと思った??!

と文様酔いしそうな精緻さ

私も彫りで挑戦しようとしましたが

水流紋はギブアップです 無理無理無理です

というわけで私は弥生時代の几帳面な鋳物職人に敗北しました

 

こういう几帳面できっちりとした職人の子孫とかが

新幹線とか プリウスとか なんとかタワーとか

キャベツを正確にみじん切りにするマシーンとか作って

現在の日本を支えていらっしゃるのだな と勝手に熱く思いました

 

なんでもフリーハンドでやってやろうと思ってしまう

ノリと勢いだけのやっつけの自分はどうやらそのDNAを継いでいないようです

弥生人より縄文人寄りか・・土偶を見ているとそう思います

 

もう平成が終わってしまいます

平成のうちに仕上げたかった大仕事

箸置き45個 ・・45個!!

終わりません 無念であります

それもこれも10連休! 10連休のせいです

大いなる有難迷惑ですよ

10日間 金をかけずに

どうやって子供と過ごしたらいいのか?

アマゾンプライムに頼り切るのもダメ人間になるよう

助長しているようだし・・

保育園が恋しいです(親が)

 

 

 

 

| ネックレス | 15:04 | - | - |
備前蝶紋

ちょっと珍しいご依頼の品です

 

武将の兜に付ける家紋の飾り

前立てのご依頼です

 

備前蝶紋

 

戦国時代の姫路の戦国武将

池田輝政 氏が使用していた家紋です

 

円のなかに上手く蝶を収め

オシャレで軽妙 

単純過ぎず しかし写実的ではなく 

遠めでも 蝶だわ とわかる匙加減

どう考えればこのような図案が浮かぶのか

いにしえの絵師のセンスに敬服です

この備前蝶紋のオシャレさを

なるべく引き立てるために

出来る限り透かし彫りを入れました

 

直径12cm 真鍮製

 

今回 オシャレ家紋彫っていて思ったのですが

家紋もいろいろで 当時

家紋格差やら家紋自慢とかあったのではないでしょうか

 

(く・・ご先祖さまのセンスの無さを恨み申す!!作り直したい!)

とか

(ちちうえ! あの蝶の紋ご覧になりましたか! 

 あれに比べて我が藩は黒い●が並んでるだけとは

 もうちょっとどうにかならないでござるか?)

(ふざけるな ●とか潔くてよいではないか!

 蝶とか女子か!!)

 

と揉めたことも ちょっとはあったのではないかと思われます

 

 

| 荘厳 | 09:58 | - | - |
灌仏会に仏の足

4月8日 仏様のお誕生日 灌仏会がございました

ちょうどよいタイミングで

元興寺前の空歩さまに

仏足ネックレスを納品しました

 

以前も仏足のネックレスなどを作っておりましたが

今回は 何を血迷ったのか

仏足に描かれている吉相を

すべて透かし彫りにしました

 

仏足ネックレス ¥4800

9g 縦4.9cm

銅 真鍮製

 

双魚 転法輪 全部透かし彫り!

なんとか・・なりました

美しいです

 

鳳凰 ドロップ型ネックレス

¥5800

縦7cm

18g 銅製

シルク紐

 

これも納品しました

キメポーズがクールな鳳凰です 

早くもお買い上げいただいたそうです!ありがたや

 

 

もっと沢山納品したかったのですが

雑務に追われてなかなか作業がはかどっておりません

お待たせしているお客様申し訳ありません

 

最近の一番苦しかった雑務は 園に持っていく台拭き製作です

こういう仕事をしていると器用だと思われがちですが

大いなる誤解です

布と糸とは相当に相性が悪いようです

なんで台拭きをミシンで縫うだけでこんなに時間が取られるのか!

なぜ ボビン?のところが糸でぐちゃぐちゃの惨事になってしますのか

きいいい!となりながらも台拭きに使えないこともないものが

仕上がりました 上の作品のほうがよっぽど早くできました

精神的に健やかに!

 

雑務というより むしろ世の中には 別にそんなしょうもないことやらんでも・・

と思われることでしょうが 自分としては仕事と認識している

春のスタンプづくりがいまだ完了しておりません

このままでは春が終わってしまいます 一応頑張っております

本当に春が終わってから完成するのでしょうが

もし片手に収まると思われる ビーブッダのスタンプ使用者の方々いましたら

忘れたころに仕上がるので 気が向いたら使ってください

 

 

 

 

 

 

 

| - | 05:29 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE