製作三昧

ビーブッダの店員文六の日記
新作紹介を中心に
飛天の鮮やか腕飾り

続 飛天の装飾品シリーズです

最近なんだかんだで腕飾りをたくさん作っております

沢山作りますと まがりなりにも良作になっていくようです

 

今回は ビーブッダでは珍しい赤色系の鮮やかな腕飾りです

 

赤色飛天の腕飾り

真鍮 チェコビーズ スワロフスキービーズ使用

 

硫化着色していない 素の明るい色の真鍮に赤色ビーズがけっこう

マッチしております きらびやか

 

先日 パソコンが壊れてホームページのデーターをバックアップしておらず 途方に暮れていたところ

そうだ! サーバー上のホームページの全データーをパソコンにダウンロードしたらいいじゃんか!

と 光明が差しました

ところがどっこい

ダウンロードするつもりだったのに

 パソコンに残っていた2年前のホームページのデーターを 

まさかのうっかりタッチでアップロードしてしまい

ビーブッダのホームページが2016年度にタイムスリップ もう・・もとの時代にもどれないよ!!

タイムマシーンを失ったタイムトラベラーの絶望に似たものを薄く煎じて味わいました・・

 なにもかもすべてじぶんのおろかさがまねいたものだ・・

 

このくそ忙しいのにこれからコツコツと直していかねばならんのか・・と呆けておりましたが

ふと見つけた 町のパソコン修理屋さんにフラフラっともっていたら 

ハードディスク無事でしたよ と言われ 

サクッとホームページのデーターを復旧 取り出していただけました!

なんと・・・!専門家様のお力偉大です 一万円近くの出費は痛いがしかし

これからちまちまちまちま書き直すことの労力を考えたら安いものです・・

というか パソコン壊れていなかったらしい リカバリーしたら治りますよ・・って

つまりは新しく買わないで(中古だけど)最初から修理屋さんのお姉さんにさっさと泣きついて居れば

安く済んだのか・・一体どれだけ損をしたのだろうか 

 

失ったお金のことはもう 考えないでおこう 

どれだけ喚いても もうあの子たちは二度と戻らない

前に進もう ちんゆいそだてぐさ で!!

5月19 20 日 郡山城址で行われる

工芸&グルメイベント ちんゆいそだてぐさ に出店します 

よかったらおいでくださいませ

 

 

 

| 腕飾り | 03:06 | comments(0) | - |
寧楽ガラスの腕釧

あいかわらずホームページが書き換えられません

TOPページは時が止まっていますが

こちらはスマホでいじれます

こういうときスマホでよかったと思います

 

 

お客様からご注文の品です

 

かなり昔に作った 寧楽ガラスのネックレスとセットの

腕釧を二つ作りました

二の腕につける菩薩色濃厚なおごそか腕飾りです

急ごしらえのわりにはよくできたと思います

つなぎ目はゴムのワイヤーを使ってありますので

少々伸縮性があります

 

さて

実は今年も

大和郡山の作家イベント

ちんゆいそだてぐさ 五月19日 20日に出店しますが

ご注文作品ばかり作って一向にイベント用の作品ができていません

そのためか このまえ

当日朝起きたら 遅刻&作品が無い!!

という恐ろしい悪夢で飛び起きました

正夢にならぬよう頑張ります

 

 

| 腕飾り | 20:11 | comments(0) | - |
飛天の腕釧

 

以前に作った

飛天風 カチューシャとセットの作品です

飛天腕釧

 

両腕につけるので2つ作りました 

実際に人が装着しますので

嵌めやすさと できるかぎりの軽さにこだわりました

軽いながらも豪華に見えるかが悩むところですが

ビーズの助けもあって 煌びやかな作品になったと思います

 

真鍮製 チェコビーズ 使用 39g

 


腕釧とは 二の腕につける腕輪なのですが

私が付けたら ちょっと いや そこそこ いや

正直に申しますと 思いっきりめり込んでまして

見苦しいのの一言につきましたので

手首につけて撮影しました 

実際に使用されますのは モデル様なので

ぴったりだと思われます

輪のつなぎ目には 透明ゴムとビーズで繋げていますので

若干伸縮性があります

 

この飛天シリーズは実はまだあります!

次回辺りまた煌びやかなものを載せることが出来ると思います!

| 腕飾り | 10:32 | comments(2) | - |
麒麟の夏 さらば

最後の麒麟作品です

お客様に渡すブレスレットです

相当お待たせしたので お待たせついでにとことんこだわったものを

お渡しすることにしました

銅と真鍮の二色の板を合わせるこだわりを捨ててみまして

真鍮の板二枚で 黄金色に統一しました

この方が螺鈿が映えます

螺鈿によく合う寧楽ガラスと水晶をつけました

麒麟(雄)も今までで一番強そうです

ほころびのない作品に仕上がりました

ついでにすごく丈夫です!真鍮板二枚合わせですから 


そういうわけでこのブレスレットと

麒麟のバレッタがお客さまにお引き渡しできることに

なりました あとの作品は後日委託先に並べていただく

予定です


しばらく真面目に美しいものを作ってきましたので

次は反動でふざけたものを作りたい衝動にかられております

さてどうしよう


| 腕飾り | 01:06 | comments(1) | - |
麒麟の腕飾り 不本意ながら増殖

先日の奈良市長選挙の接戦ぶりはなかなかのものでした

最初は学歴肩書実績超ハイスペックな元生駒市長の人、、

あの眼鏡のひと えーと

嫌いじゃないのに何故か名前が覚えられない、、

が 仲川げん現職に僅かながら勝っていて

ヒャッホー!このままいけ!

このまま勝つだろうと思いきや

風呂からでたら 仲川げんが並んでおり

え、、うそだろ と思いながら歯を磨いていたら げん僅かにリード!

しかし まだ7000票が未開封

さてどうなる! が深夜12時 

そこからの確定が長かったです

あまりに僅差なもので 

票を数えるのに物凄く慎重になっていたとおもわれます

確定したのは 二時半ごろでした

仲川げん勝利、、



勝因のひとつに 名前

もあるんじゃないかと思われます

好きじゃないのに なんかすぐに覚えてしまう

仲川げん  

親御さんに感謝しとけよ!って感じです

いい名前だわ ほんと

奈良ではAK某の総選挙より熱かったです

なにせ任期が四年もあるのですから 

奈良の四年間の運命がかわるのです

アイドルが結婚だのとか深刻度が違いすぎます

四年という歳月で 

バブルでつくった負の遺産がほんとに深刻で

少子高齢化がすごくて

観光資源があるのに なんだかあんまし儲かっていない

奈良市、、どうなる


市会議員選挙も一緒にやってまして

そちらも維新の党と思わせて実は違う紛らわしい人が

最後の席に滑り込み

ほんの数票差でよりにもよって本物の維新の党の人が

落ちた!というマスコミが食いつく展開が起きており

まあ熱いと言えば熱い


そういうわけで ドラマチックな週末でした


作品なのですが

己の計算のできなさっぷりが招いた

まさかの大作の量産化で停滞してます

 お客様の御注文の品の麒麟の腕飾りを作っています

銅と真鍮の板を透かし彫ったのまではよかったのですが

よし!うまく彫れたと

二枚合わせて見たところ

かしめ釘の穴の位置がずれてる、、

板を曲げると穴の位置がずれることを計算にいれていたつもりでしたが

目測を誤りました、、

元生駒市長の百分の1程の賢さがあれば防げたミス、、

無念ですが 各パーツせっかく綺麗にできたのに廃材に

なるのはもったいないので

それぞれのパーツにあわせた パーツを新たに作ることに

しました そういうわけで

期せずして 麒麟の腕飾りが2つできることになるます






↑ずれた穴

多分円周率とか板の厚さとか

でなんか計算したら

バッチリ穴が合うのではと思われるのですが

私にとって 

どんなに細かい透かし彫りよりも

数字の計算の方が触れたくないほど難解なのです、、考えたくない、、

| 腕飾り | 00:31 | comments(0) | - |
謎のエネルギー体を吐く 龍のバングル

皆様暑い中 投票お疲れ様でした

 

お客さまからの御注文の品です

以前 真鍮で造った龍のバングルの銅バージョンです

丸める前の 全体図です

口から何か出てます 季節的には冷気だとありがたいです

ドライミストとかそんな生ぬるいものでなく  虫が死ぬレベルのヤツをお願いします

 

丸めた完成図です

エネルギー体を吐く龍のバングル

¥6800

銅製 手首周り14〜16cmの方用 

透かし彫りの透け具合もバランス良く決まって

会心の作です

 

最近 わが子が家の中を

「かに かに いないね」と言いながら 何かを探していて

(蟹? なんのことだだろう)

と思っていたら 

 

ヤツでした 巨大アシダカグモ でした 

うん まあ蟹に似てる

 

おまえはTUBUか という感じで 夏になると絶対来ます

アシダカグモの ラージ(15cm級)&ミドル(10cm級)のドュオが・・

毎年同じ外見の二人ですが 大きさが変わらないことや虫の寿命を考えると

同一蜘蛛ではないと思われますが

何故か毎年 二人で律儀に来ます

おそらく謎怪ワールドから派遣されているのでしょう 人類をびびらすために

しかし今年はやつらの思惑は外れて 
幼児が 「かにいた!」 と喜んでいます
追い回されて ざまあ です

 

 

 

| 腕飾り | 22:11 | comments(0) | - |
正倉院怪獣バングル 復刻

龍のバングルのご注文をいただきましたので

まずは腕慣らしに難易度の高いバングルを作ってみました

正倉院怪獣のバングル ¥6500

銅 

手首周り14cmの方がかなり余裕を持ってつけられるサイズ

内径横5.3 縦4.5

 

かなりまえに 正倉院展に行ったときに見たナゾの珍獣に衝撃を

うけ 真鍮でバングルを造りましたが

今回は銅で作ってみました 

 

龍のようではありますが 定かではなく 特に説明も書いておらずに正体不明のいきもの

ただ 確かなのは 妙にテンションの高そうなヤツ ということです

 

 

最近わが子が第一次反抗期に入ったようで・・いわゆるイヤイヤ期というヤツですが

「いや」という言葉自体はネガティブな言葉なので教えてやってなかったせいか

「ぎやあああ〜!!」と叫んだり 「むうううう」と憎憎しげにうなっています

素直に「いや」を教えたほうが良かったみたいです

世の中に溢れる言葉は皆 必要ゆえに存在しているのだとしみじみ
いや しみじみしている場合ではなく 早く教えなければ・・

 

そんなわけで聞かん坊になってきて 手こずるようになってきましたが

昼寝はしてくれるので おかげさまで仕事ができます ありがたや

今の所 ご注文分は夏の間にお渡しできる予定です

(そのうち 10月くらいまでは夏だ!と言い張るかもしれませんが お許しを)

 

 

 

 

| 腕飾り | 01:12 | comments(0) | - |
華紋様の銀のバングル
お客様からの御依頼品の銀のバングルが完成しました
相当にお待たせしてしまった作品ですが
なんとか年内にすべりこみセーフです

素材が銀なのでびびりながらの製作でしたが
ノーミス 一発で成功いたしました 

案ずるより産むが易しということわざは 本当だったのだなあと思う
師走の今日この頃です


カーブも思いのほか綺麗な仕上がり


美しい・・


美しい・・


純度99・9パーセントの銀製です
混ぜ物がない分柔らかいですが 色が白銀!といった感じで
上品です

今までの腕輪は厚さ1ミリの銀板で製作してましたが
今回は強度を増すために1・3ミリで製作しました
たかが0.3ミリの差だと思われるかもしれませんが
質感 重厚感 かなり違います
透かし彫がふんだんに入っていて可憐ながらも頼もしい一品です
ああ 本当に完成できて良かった!

さてさて この時期になりますと 年賀状どうしよう・・となるわけです
次は申年ですか まったく何も思いついておりません
12年前は 菩薩が猿人の手を引いて 「人になろう」 猿「考えさせて・・」
とかいう 新年から暗澹とした気持ちにさせる珍妙な年賀状を描いたものですが
もういい年なので あまりふざけても居られません
 
去年はフトモモタロウに通販で買った羊の着ぐるみを着せたら 羊じゃなくて白熊だった
というオチがついて まあ ある意味ラッキーでした

あれから一年 早いものです
羊といえば けっこう前ですが 奈良の山添村にある めえめえ牧場 という
羊や馬と戯れることができるのに入場無料!!という庶民のファミリーに嬉しい施設に行きました
めえめえ牧場のブログの文章面白いです
そこに 二種類の羊達がめえめえ言ってまして
顔の白い一般的な羊と
顔や手足が黒い羊がいまして おお!羊のショーンの羊だ! と色めき立ったわけです

しかし そこに看板が立ってまして
羊の説明が書いてありました
コリデール種(一般的なヤツ)・・羊毛用
サフォーク種(羊のショーンの羊)・・食肉用

食肉用・・食肉用・・ 
めえめえ牧場の羊は人々に羊せんべい貰って穏やかに生きてますが 
ショーン達はいずれジンギスカンになる運命の羊だったのか?!
ショーン達はしょっちゅう牧場主のめがねのおじさんの家に侵入し 人間様の食料を食い漁ってますが
あれは前払いの報復なのでしょうか そうか 存分に食えばいい と言う気持ちになりました





 
| 腕飾り | 02:48 | comments(0) | - |
古代豪族きどりなバングル登場
実はけっこう前から銀のバングルのご注文を頂いておりまして
諸事情あって
今までに無い厚さのある銀板を加工することになったのですが
銀板を目の前にして 幾月・・
手付かずのまっさらな銀板をドキドキしながら眺めるばかり・・

どうにも勇気が出ません 
バングル自体2年近く作ってないうえに 今までより厚い板 しかも
材料費が高い銀というプレッシャー(これが一番の要因 お金お金お金・・)

「お前は一発勝負で成功できるのか?
 できないだろな プレッシャーに弱いお前は手を滑らせる そして終わりだ!
安請け合いしおって!愚か者 アハハハハ! 」

「いえいえ あなたは出来ますよ 技術的には可能ですよ 落ち着いてゆっくり作ればできますよ
これが完成させることが出来たら 今までより強度のある腕輪が作れるようになりますよ 素晴らしい」

と いう相反する二つの声が頭の中をぐるぐると そうしてる間に冬が来てしまいました アホすぎる
今年中には完成させたいです
悩む時間 無益この上なし 
そうだ 銀板見てドキドキしてる間に真鍮で練習しようということで
まずは 真鍮で難しめ(当社比)のバングルにチャレンジしてみました

腕を慣らすため 超真剣に作りました




古代豪族風バングル ¥4300
真鍮 アメジスト 水晶 18g


古代豪族風 緋色バングル
¥5800
真鍮製 カーネリアン 水晶 18g

透かし彫りのスキマに天然石をワイヤーでグルグルキュッと固定しました
初の試み 思いのほか美しい作品が出来ました 
一番の懸念であった 金属のカーブも上手くつけられました
大成功といえましょう

この作品は もちいどの商店街のオリジナル工房 遊路さんに置いてもらいました

さて この勢いで銀で作れるかどうか
| 腕飾り | 03:06 | comments(0) | - |
マニアックな古墳ブレスレット など
最後の悪あがき パート2です
パート3はあるのかないのか微妙なところです

ずっと前から作りたかったのですが 時間がないとか言って作ってなかった作品2種
結局一番切羽詰ってるときに出来ました 時間は後先考えずに強引に作るもの・・

まず

 ふつうに爽やか 三連透かし魚型ブレスレット



次はこれ
これだけだと何なのか不明・・なぞの幾何学模様

全体図 こちらです

上段
三連透かし魚型ブレスレット
¥6800
真鍮 プレナイト チェコビーズ
14g チェーン16cm


古墳3基 ブレスレット
¥5800
真鍮 ターコイズ カーネリアン
16g 17cm

全体図にしてもけっこう謎怪なブレスレット
よくみれば 左は前方後円墳
右は 前方後方墳(あまり・・知られていない・・)
中央は 四方突出方古墳(そんなの知るか!)
という マニアな古墳好きの方用ブレスレットです
店が終盤なので 惜しげもなくターコイズつかってしまいました 
 
| 腕飾り | 13:06 | comments(2) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE