製作三昧

ビーブッダの店員文六の日記
新作紹介を中心に
ちょっとした劇的改造 before-after 
記事のタイトルが非常に矛盾しております
どっちだよ って感じですので
間を取って普通の改造にしておきましょう 

お客様が持ってこられた アンティークな簪を
ブローチに改造しました



かなり年代モノの銀の簪 銀洗い溶液で洗いましたが変色が深いのか
これが限度
というか 洗う前の写真を残しておくべきでした 劇的さ(いや・・普通だった)
が薄れてしまいました 
桐の葉の家紋でしょうか?家紋の周りは魚魚子(ななこ)が打っております
私が使っている技法と同じです
いにしえの同職の職人に敬意を示すためにも ヘンな改造して
草葉の影から泣かすようなことをさせないためにも 頑張ります

これをお持ちのゴージャス且つ上品なご婦人は
(これは形見の簪ですが簪としてはもう使えないので
ブローチに替えて夏に使用したい)と仰られました

とても大切な品のようです
ブローチにするには 柄を切って 扇のパーツだけにして
ブローチ金具をつけたら終了ですが
なんだか この銀の扇の後ろに直にブローチ金具を貼り付けるのが
おそれ多く 気が引けました 汚すようで・・
着けたらもう剥がせないし 取り返しがつかないし
それにそんな取ってつけただけの改造 誰でも出来そうですし
せっかくですので
ゴージャスな婦人に合うように 少々豪華な感じにしたい
 
そんなこんなでいろいろ考えまして・・  

扇に光背をつけました ブローチ金具は光背につけました
ビラビラした短冊はいくつか取れてましたが
並べなおしたら左右につけたら丁度良い数でした
なんたる偶然
扇がまっさらな銀色にならなかったので
それを生かしてアンティーク調に仕上げました
煌びやかさを添えるために 黄水晶 水晶を付け足しました



裏も模様が彫ってあったので 直で金具をつけたくなかったのです
作った光背には ワイヤーで固定してあるので
お気に召されなければ 無傷で戻せます

こういう改造はほとんどやったことが無かったですが
ちゃんと見れる感じに出来たと思います

| 持ち込み 改造 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE