製作三昧

ビーブッダの店員文六の日記
新作紹介を中心に
後背

如意輪観音の火焔後背です


如意輪観音さまが乗りましたら

全容が見えなくなるので

今のうちに撮っておきました


炎を装飾的にあらわした後背で

不動明王さまたち 漢系仏の後背も

同じ火焔ですが

あちらは 仏さまの性格が反映しているのか

荒ぶるように ゴウッと燃えております

こちら如意輪さまの火焔は

ガスコンロの炎の如く

整然とコントロールされてチロチロ燃えております 

美しくクールに見えながらも

内面では 人間を救うためには

どうしたもんか温かい慈悲の心をもつ 

如意輪さまの性格にピッタシです


情熱と冷静の間系 火焔後背です


真鍮製

| 荘厳 | 08:57 | comments(0) | - |
日光菩薩&月光菩薩

 

現在製作中の 仏の宝冠に飾り付ける 日光菩薩&月光菩薩様が

ほぼ完成です あとは その御手に掲げる 日輪と月を表す石を取り付けるのみ

ですが それに相応しい石が手元にあらず 現在探索中です

ここまで時間をかけて作ってきたので ネットで適当に見繕うのも

なんだか味気ないし

理想としては 迷い込んだ裏小路で 仙人みたいな爺様が店主の石屋を発見!

そこで おお・・!!なんとピッタリの石 これは仏の手に飾られるために

今まで眠っておられた石か!! といった感じで出会うことです

後日石屋にもう一度訪れて見るも どこにも見当たらず ・・ならば なおよし です

 

しかし そんなことを言っていたら 永遠に宝冠は完成しませんし

地道に普通に探そうと思います 

カポションカットで直径1.2から1.5cmの円! 楕円がよくあるのですが

円は案外無いのです 

だからといって楕円で妥協したら

これは太陽と月じゃない! と幼児にも間違いを指摘されそうだし・・円は譲れず

菩薩のほうはムーンストーンと決めていますが

太陽のほうはサンストーンかなと思ってましたが サンストーンは案外地味なので

石種問わず なんか こう カッ!!とした輝きのある石を探そうと思っています

 

| 荘厳 | 17:37 | comments(0) | - |
仏の宝冠に鳳凰飛翔

お客様からのご注文品の仏の宝冠製作中です

パーツが揃ってきまして らしくなってきました

今まで避けていた 難しいパーツに着手しました
中央の八葉蓮華に鳳凰です 

まだ尾羽をつけてませんが 鳳&凰 三枚の真鍮板を重ねて面白みが増しました

これだけでも独立した作品でいけるでしょう

しかし さらにここに日光月光菩薩さまが重なるのです さあどうなる

 

豪華な仏教ワールドを造っていますが

今現在 奈良とはいえ街はクリスマスのムードに染まっており

あちこちでジングルジングルいっています

 

我が家でも3歳児が楽しそうにクリスマスソングらしきものを口ずさんでいる

もので 

それをスルーして新年までやりすごすことは

あまりに無慈悲だと思い 

子供たちが思い描くような楽しげな

プレゼントを枕元に置いたりやパーティなどにトライしようと思っています

まあ パーティといっても クラッカーパアン!とか

ビンゴゲーム!とか パイ投げでキャーとかそういうのでなくて

ケーキと鶏肉食べてとかの(七面鳥なんて知らない)

一般庶民のちょっと豪華な食事の会です 

 

が しかし 

うちの子が テレビのCMに出てくるおもちゃを見て

目をキラキラさせて

「これいいねえ りょうちゃん ほしいかも!」

とかいったので

「トイレでおしっこで出来る様になったら サンタさんがプレゼントしてくれるよ!」

(まだオマルか保育園などの子供用のトイレでしか用が足せないのです・・・やばい)

と答えたら

「いらなーい! ・・・りょうちゃんプレゼントいらないもんね ぜんぜんほしくなーい)

とブスくれてしまいました

 

どんな魅力的なオモチャよりも トイレに行かないライフを迷うことなく選んだのです

決意は固く ついには 

「りょうちゃん クリスマスきらい ぜんぜんすきじゃない」 と言い出し

プレゼントは無いけどパーティはあるよ!といっても

「いや〜 パーティーくさいから いや〜」 とかまで言い出し

オモチャをもらえない無念さを

憎しみに変えてクリスマスにぶつけるようになってしまいました

こんな早い齢で クリスマスに斜に構えてやさぐれるなんて

悲しすぎる人生だろう ということで

結局こっちが折れて 

「もうトイレでおしっこできなくてもいいよ 

奈良担当のサンタさんプレゼントくれるように頼んでおくから」

といったら ようやく目に光りが戻りました

 

すべて子供の思い通りになってしまいました

トイレ行かないライフもプレゼントも両方手中に!
このままでは大王製紙のボンボンか三田佳子の息子みたいになってしまう!!と思いましたが

親の財力が違いすぎるのでそこまでいかない、いけない! と楽観視しております

 

 

 

 

| 荘厳 | 23:04 | comments(0) | - |
続・仏の宝冠

お客様からの御依頼品の

仏の宝冠を製作中です

完成すれば ビーブッダ史上最もゴージャスな品になるので

作者としても楽しみなのですが

 

現在の状況

気が小さいので外堀から攻めています

なんだか ふと 数学の課題を最後に残していた

高校二年生の夏休みを思い出しました

 

あの時はあまりに難しすぎて(私には) 

こんなん人間に解けるはずが無いし!

これが解けて当然という基準なのか? 基準絶対間違ってるし! 

それを受け入れてる この世が 宇宙がおかしいし!

と 無茶苦茶な言い訳をして結局解けずじまいでうやむやにしたような

しないような・・・

 

数学に比べれば たとえ細かく難しい彫りでも

彫金は楽しいので幸せです 

ああ本当に体育と数学から開放されて心底幸せな現在です

20年前 目の焦点が合わなくなるほど数学に叩きのめされていた自分に

けっこう時間かかるけど適職につけるから頑張って生きろと励ましに行きたいです

 

今回の山場は

これ カポションカットのターコイズをきっちり嵌める金具飾りです

これだけをブローチにしても美しい仕上がりです

 

 

 

 

 

| 荘厳 | 00:17 | comments(0) | - |
仏の宝冠製作中

 

お客様からの御依頼で
仏様の宝冠を製作中です
写真の物はその一部のパーツです
けっこう頑張りましたが
進行具合としては10分の一いっていないかも・・
いつ完成するのかまだなんとも確約できない
果てしない道のりです
大仏建立に力をつくしたいにしえ人の気持ちが
ちょっとだけわかったような気がいたします
しかし これが完成すれば
間違いなく 私の彫金歴のなかで
ゴージャスさナンバーワンになりますので
作り手としても完成が楽しみです
話が変わりますが
また 京都国立博物館の国宝展 第4期 に行って参りました
前もあったものですが しょうこりもなく土偶にうっとりしていました
そしてTHE国宝といった 有名な耀変天目茶碗がございました
が 
天上天下皆々様が すごいすごいというので
今まで言いにくかったのですが
もう あんましこのブログを見ている人もいないようですし
言ってしまいます
私は あの 斑紋 めっちゃ・・・キモイ・・です
宇宙のような美しさ とか言われてますが
ブツブツしたものが苦手な私には 何か悪い皮膚病みたいで
ぞわぞわします
本当に世の中の皆様全部が美しいと思っていらっしゃるのでしょうか
もしかしたら 私のように 実は・・ と思ってる方もいるのではないかと
疑っております
世界に四点しかのこってないのは もしかしたら
信長クラスの武将が
キモイではないか〜!!! と激昂して バリンバリンと割りまくってしまった結果
なのではないかと
それはさておき
今回 国宝 という冠なくしても
私が心底きれいだな!と思ったのは
琉球国王尚家関係資料 の中の
黒漆雲龍螺鈿東道盆 というものです
その名のとおり 黒地の漆に 竜や雲をかたどった
螺鈿装飾がぎっしりと詰まった盆ですが
細工の技術も凄いのですが
使ってる螺鈿が素晴らしい 南洋の貝ゆえの美しさでしょうか
本土の螺鈿工芸の箱などありましたが 虹色の鮮やかさがまるで違いました
南洋の王朝に相応しく陽気さを持った絢爛豪華な品でした
| 荘厳 | 01:39 | comments(0) | - |
奈良の思い出フォトフレーム 完成!

しばらく更新をご無沙汰しておりました すみませんでした

引越しやらネット環境やらがと整わない等々がありました

フォトフレーム自体は完成しておりました

 

モロにスマホと電線が映りこんでおりますが・・

奈良の思い出フォトフレーム 美しくまとまったと思います

 

左上から時計回りに

興福寺の南円堂 中宮寺のみろく 石上神宮の鶏&七支刀 

猿沢の池のほとりの仏&鹿アベックと亀

クールなヤタガラス 春日大社の鳥居 なぜか道しるべでキメてる鹿

を詰め込みました 厳かプラスに今回は螺鈿も入れてみました

 

銅 真鍮製 葉書サイズ木製フォトフレーム使用

 

 

引越しついでに 奮発して彫金用の机を購入してみました 

10年ほど彫金していて知らなかったのが相当おかしいですが

彫金用の机は普通の机より高さがあるのです 20cmほど 

それを知らずに今までふつうの机を代用してやってました

高さがあると細かい作業がしやすい!! 素晴らしい

しかし 一体今まで何をやってたんだろう・・

そりゃあ猫背にもなります ケチケチせずにもっと早く買っておくべきでした

 

引越しの時に ふと方位が気になって調べてみたのですが(アプリで・・・便利だな)

他の家族は吉でしたが 私は本命殺・・となっていました

なんかもう字面からして 本命に殺すとか言ってておそろしやですが

今年がおわるまでその方位が悪いとかいわれてもどうしようもないので

ふ・ふーん 気にしないさ・・と引っ越しましたら

本当に体調を崩しております なんだこれ 

本命殺は肉体的なダメージとか書いてありましたから その通りです

あなどりがたし 方位 

しかし

他にも方位悪いパターンもありまして

本命的殺は精神的ダメージで(こっちのがきつそう・・)

歳破は 仕事 プライベートの離別(どん底だな)

暗剣殺は 急病 不慮の事故(死ぬかも)

ですので それらに比べたらだいぶマシだと思ってボチボチ頑張ります

他の家族は吉で 本当に元気です

しかし3歳の息子が なんだか最近 〜でちゅ とかイクラちゃんしか使わないだろうと思われる

語尾を使ったり

「あたし ピーチパイ」とか言い出してます

 スイーツ系女子でもさすがに気恥ずかしくて言葉にしてださないようなセリフです

本当に謎です ピーチパイ ・・そもそも食べたことないし 

ましてや 竹内まりや の 「気分はピーチパイ」なんて 3歳児が聞いたことがあるはずもないし

まったく謎ですが 面白いのでそのままにしておきます

 

 

 

 

 

| 荘厳 | 00:09 | comments(0) | - |
奈良の思い出フォトフレーム 再来2017

 

 

現在 大作を作っています

完成作品をなかなか載せられないので

途中経過ですが載せてしまいます

 

お客様からのご注文の品です

かれこれ6年以上前に製作した

奈良の思い出フォトフレーム の改訂版です

 

6年前につくったのがこれ

南円堂 春日大社 飛天 五重塔と鹿仏アベック 石上神宮の鶏 七支刀 弥勒

 

といった 奈良の素敵スポット寄せ集めな欲張りフォトフレームを作りましたのが

6年以上前 当時は よし!!いいのが出来た!!とドヤ顔で大変私は満足しておりました

 

そして 今回 ヤタガラス追加でご注文が入りました

 

 モチーフがようやく揃いました

自分で言うのもなんですが 鳥類の進化が著しい!

鶏が!石上神宮の鶏 以前のものを改めてみますと なんだかなあ・・

鶏に見えない・・

今回のはどうみても鶏です!

ギャグタッチがいきなり劇画になりました

そして のりにのって ヤタガラスもかっこよく彫れました

ちゃんと神武天皇を橿原まで導いてくれそうです

6年前の力量でしたらこうは彫れなかったと思います

きっと狂ったナビをして神武天皇を途方にくれさせていたことでしょう

 

ここまでは上手に進んでいますので 台無しにならないよう慎重に進めたいものです

実は6年前に作った 鶏がゆるいフォトフレームは

製作後にお客様と連絡が取れなくなってしまい

今も手元にあり私物化しています

 当時はせっかく凄いの作ったのに残念・・と途方にくれていましたが

今思うと 鶏のこのユルさ 七支刀もなんか違うし・・凄くない・・

詰めの甘いものを売ってしまわなくて良かったのだと思います

 

| 荘厳 | 01:54 | comments(0) | - |
仏教美術展

先日 ビーブッダが製作しました

これ

仏様のアクセサリー一式

 

来週 お客さまがお彫りになられた

百済観音さまがこれを装着されて

仏教美術展

京都文化博物館にお出ましになられます!

ビーブッダの作った金具が 実際に仏様を

飾る日が来るとは ワクワク且つ ありがたや です

 仏師さまから 生徒さんまで幅広い作品がそろい

見ごたえのありそうな展示会です

何より 葉書の絵が素敵すぎ 素晴らしい展示会に違いない!

秋の京都・・絶対混む・・混む と

びびりながらも訪れようと思います

 

一方 秋の奈良・・

秋になりますとこんな古風なポスターが貼られます

大仏さま 秋のおまつり

・・

 

祭り じゃなくて ひらがなで  おまつり

なのがなんか良い キュンと来ます

 

奈良に移住してから10年 ずっと気になってました 

気になる祭りレベルとしては蘇民祭と同じくらいに

しかし そんなに気になっていても

店をやってた時は 

この行楽シーズンに 店を閉めて ワ〜イ! と出かけるわけにも行かず

行けないまま10年経ち ようやく参加できる日が!

 

しかし 普通に寝坊してしまい

子供を連れていそいそと出かけたものの

秋の爽やか奈良公園に 子供がハッスルしてしまい

あらぬ方向にダッシュ そして鹿トラップに嵌りました 

見てください この広大な原っぱ 人間に対しての土地の広さを!!

京都では味わい得ない開放感です

皆様京都も良いですが奈良も良いですよ 是非どうぞ!!

 

なんだかんだで

数時間後 大仏殿にたどり着いた時にはもう

・・

普段着の大仏殿で・・

祭りの名残は青空にはためく幡のみ・・

まさに 後の祭りで 

一方こどもは異教の祭りにかぶれて

どこにいくにもカボチャランタンをはなさず・・

日本人にとっての南瓜は甘辛く煮て白いご飯にのせて

食すものだと教育したつもりなのに 西洋にかぶれおって・・

そういうわけで 大仏さま 秋のおまつり

の実態が判明するのは また来年に持ち越し

しかし なんだかんだでずっと見られないような運命のような気もします

 

 

| 荘厳 | 08:43 | comments(0) | - |
迦楼羅荘厳
 奈良のガラス工芸作家の堀部さんがガラスの仏像面という
珍しくも美しいものを作ってまして
http://www.nara-np.co.jp/20120712092557.html
以前以来を受けまして それを荘厳する金具飾りを作ったのですが
http://be-buddha.under.jp/itiran/colabo.htm
自分も欲しくなりまして迦楼羅をひとつ入手させていただき
飾り金具をもうひとつ作っていました
ところが なんだかんだと慌しい半分 すっかり忘れていた半分で
完成間際で一年近く放置してました 

最近急に 店頭のマンネリ化を打破するためにも スゴイぞ感のある大作がなんだか
無性に欲しくなったので
このほど相応しい額縁を入手しようやく完成です



迦楼羅は毒ヘビを食料にしているそうなので
ヘビを絡めた飾りにしました
迦楼羅からしましたら 好きな食い物に囲まれた
食いしん坊飾りといったところでしょうか
| 荘厳 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
好きなもの尽くしのフォトフレーム
 お客さまのご注文品です
亡きお父様の遺影を飾るフォトフレームです

せっかくなので 好きだったものに囲まれて欲しいという
親孝行のお客さまのリクエストでしたので 
そのように製作しました






色調は渋めということでしたので 硫化着色の銅で統一しました
フレーム土台は 無印良品の両面フォトフレームです

好きであったものは お酒 美女 だったそうです
かえって生き様にスカッとした潔さを感じました

フレームには各種酒が踊り 天には鳳凰が舞い
 
天女は露出高めでサービスしました(当社比)
意図していなかったのですが
完成しましたら まさにザ・フォーク・クルセダーズの
帰って来た酔っ払いの極楽浄土そのものです
 

どうか天女がお父様の好みのタイプでありますように・・
 

| 荘厳 | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE